乾燥肌 クリーム

手の乾燥肌対策

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

手の乾燥肌

 

人間の体の部位の内、特に乾燥しやすいのが顔と手です。
通常、顔と手は常に外気にさらされており、それによって肌の水分が奪われ、
乾燥が進みやすいという性質を持っています。

 

 

 

特に、秋から冬にかけての空気が乾燥している時期は乾燥肌の症状が酷くなります。
また、家事をしている主婦には手の乾燥肌に悩まされている人が多いです。
炊事、掃除、洗濯など、家事には水に触れる機会があるものが多く含まれています。

 

 

 

肌が水に触れると水が渇く過程で肌の水分が奪われてしまうため、
乾燥肌の症状が引き起こされたり、乾燥肌の症状が酷くなったりしてしまうのです。

 

水への対策

 

水仕事が多くて乾燥肌に悩まされているという人はゴム手袋やビニール手袋を使うといいでしょう。
ゴム手袋やビニール手袋を長時間付けたままにしておくと汗で中がベチョベチョになりますが、
何度も繰り返し水に触れてその度に肌の水分を奪われるよりは遥かにマシです。

 

 

 

衛生観念に厳しい学校では外から帰ったら念入りに手を洗うようにと教わりますが、
乾燥肌の人はむしろ手を洗わない方がいいでしょう。

 

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

手を洗ってしまうとそれだけ手の水分が奪われ、肌のバリア機能が失われ、
結果的に雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうことになるからです。
仮に手を洗うにしても軽く水で流すくらいに留めておく必要があります。

 

 

 

なお、熱いお湯は刺激が強く、手の水分もより多く奪われてしまうため、
冬でも手を洗う時はお湯ではなく水、あるいは人肌以下の微温湯を使うようにします。

 

 

 

>>>保湿クリームで足りない水分を補う