乾燥肌 クリーム

お風呂の入り方

乾燥肌,クリーム

 

入浴の方法

 

乾燥肌の人は肌から潤いが失われており、カサカサしていたり、ガチガチしていたりします。
肌の表面が常に砂や岩のような状態なので、痒みや痛みをともなうことも多いです。
そのため、乾燥肌の人はお風呂に入ることを楽しみにしている人も多いことでしょう。

 

 

 

入浴時は不足している肌の水分が外部から補われるため、傷がある場合は沁みることもありますが、
基本的に乾燥肌の痒みや痛みを感じることはなくなります。

 

 

 

温泉には薬効として美肌効果を謳っているところも多いため、
温泉通いを日課にしている乾燥肌の人もいるかも知れません。

 

お湯の温度は38度から40度が理想

 

しかし、乾燥肌の人の肌はバリア機能が失われてデリケートになっているので、
あらゆる刺激がダメージとなります。お風呂は気持ちがいいものであり、
温泉にも薬効があるかも知れませんが、それらが悪影響を及ぼすこともあるのです。

 

 

 

まず、乾燥肌の人は長湯は禁物です。入浴中は意外と汗をかくものであり、
長湯をすると大量の発汗が生じることになります。それによって肌から水分が奪われてしまい、
乾燥が酷くなってしまうこともあるからです。

 

乾燥肌,クリーム

 

入浴時間は20分以内に留めた方がいいでしょう。
冬場などで長くお湯に浸かっていたいという人は入浴中の水分補給をおすすめします。

 

 

 

また、お湯の温度が熱いと肌の水分は休息に奪われていくことになります。
お湯の温度は38度から40度が理想です。それ以上の温度になると交感神経が活発になり、
夜眠れなくなってしまうというデメリットも発生します。

 

 

 

>>>髪や顔や体の洗い方