乾燥肌 クリーム

乾燥肌の症状は軽いものから重いものまでさまざま

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

乾燥肌の程度

 

乾燥肌と聞くと、少し肌がカサカサしているといった状態をイメージする人が多いかも知れません。
実際のところ、大多数の乾燥肌はそれくらい軽度なものであり、
本人としてもあまり深刻に考えていない人が多いことでしょう。

 

 

 

しかし、乾燥肌の症状が悪化した場合、長期間に渡って強い苦しみが続くことになります。
重度の乾燥肌では肌がガチガチになり、石や岩のように固くなります。
そのため、これほど乾燥肌が酷い人は笑ったり、喋ったりすることもままなりません。

 

 

 

表情筋を動かすことによって表面の皮膚が裂けてしまい、血が出てくることもあるほどです。
乾燥肌の症状が酷い人は日常生活において多大なストレスを常に抱えており、
そのストレスによって更に乾燥肌が悪化していきます。

 

悪循環になる乾燥肌

 

夜間は副交感神経が活発になってリラックスモードに入るため、特に痒みや痛みが強く表れます。
乾燥肌が酷いと眠ることもままならなくなり、寝つきが悪くなったり、
寝ている途中で何度も目が覚めたりして、睡眠障害を引き起こすこともあります。

 

 

 

肌の再生は睡眠中に行われるため、熟睡できないとなると痒みと痛みは治まらず、
むしろ悪化していくことになります。

 

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

乾燥肌の症状が酷くなるとこうした悪循環に陥りがちです。
こうした悪循環から抜け出すためにはまず痒みや痛みのストレスから解放する必要があります。

 

 

 

その際に有効になるのが保湿成分などを配合したクリームです。
乾燥肌に不足しがちな水分を補うことにより痒みと痛みが治まり、
日中は行動しやすくなり、夜間は休息しやすくなります。

 

 

 

>>>乾燥肌の痒みと痛みへの対策