乾燥肌 クリーム

保湿クリームは使い過ぎに注意

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

保湿クリームの使い過ぎ

 

重度の乾燥肌の人は肌のバリヤ機能が失われており、
風が吹いただけで痛みを覚えることもあります。日常的に痒みと痛みに晒される
ことになるため、どうにかして乾燥肌の症状を和らげたいと考えます。

 

 

 

乾燥肌の症状に効果を発揮するのが保湿クリームです。乾燥肌になると肌から油分と水分が
失われた状態になりますが、保湿クリームを塗り込むことで不足している油分と水分を補給する
ことができ、肌が本来持っているバリア機能を取り戻すことが可能です。

 

 

 

保湿クリームの効果はずっと続くものではなく、
しばらくすると少しずつ痒みと痛みが生じてくることになります。
しかし、その度に保湿クリームを塗り込むのは健康上好ましくはありません。

 

乾燥肌を克服するためには

 

ほとんどの保湿クリームには中性洗剤などに使用される界面活性剤が含まれており、
皮脂を分解してしまうという性質を持っています。保湿クリームを洗い落とした後、
乾燥肌の症状がより強く表れるのはそのためです。

 

 

 

また、界面活性剤などを含まない保湿クリームだとしても、
長期間に渡って使い続けていると肌が本来の持っている
皮脂分泌機能がどんどん衰えてしまうことになります。

 

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

乾燥肌の症状が酷い場合、保湿クリームに頼らざるを得ない場面も出てくるものです。
しかし、保湿クリームの使用は痒みが痛みが我慢できない場合に留め、
使用回数は1日の内に1回から2回程度にしておいた方がいいでしょう。

 

 

 

また、乾燥肌を克服するためには生活習慣の見直しなどを通じ、
体質改善もあわせて行っていく必要があります。

 

 

 

>>>トップページに戻る