乾燥肌 クリーム

自然が生んだ万能皮膚薬、ワセリンによる乾燥肌対策

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

ワセリンによる乾燥肌対策

 

乾燥肌の保湿クリームにはワセリンもおすすめです。
ワセリンというと切り傷や擦り傷の際に使用する傷薬としてのイメージが強い人も多いかも知れません。
しかし、ワセリンには肌を保護するだけでなく、肌の水分の蒸発を防ぐ効果もあります。

 

 

 

乾燥肌の人とはつまり肌の水分を維持することができていない状態のことですが、
ワセリンを塗ることで衰えた機能を補うことが可能です。

 

 

 

また、、ワセリンはアトピー性皮膚炎や湿疹などにも処方されており、
さまざまな皮膚病に効果を発揮します。

 

 

 

乾燥肌の人はその他の皮膚病を発症しているケースも少なくありませんが、
ワセリンはそれらの症状にも幅広く対応することが可能です。

 

 

 

なお、ワセリンは石油から作られており、
石油はビニール、プラスチック、ガソリンなどに使われています。

 

ワセリンによる副作用

 

そのため、ワセリンによる副作用を心配する人もいますが、
ワセリンには副作用の心配はほとんどありません。

 

 

 

そもそも、石油というものは地中に堆積した植物や微生物が長い時間をかけて
変性したものであり、本質的には化学成分ではなく天然成分なのです。

 

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトと、ワセリンにはいくつか種類があります。
これらの内、もっとも不純物が少なく純度の高いワセリンがサンホワイトです。

 

 

 

乾燥肌の人は肌が敏感になっているので、優しく作用するサンホワイトをおすすめします。
また、ワセリンを塗る時は塗付する部位を事前に温めて湿らせておくと、ワセリンがよく馴染みます。

 

 

 

>>>皮脂によく似た成分を持つ馬油で乾燥肌対策