乾燥肌 クリーム

保湿クリームで足りない水分を補う

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

保湿クリーム

 

乾燥肌の予防と改善のためによく使われているものが保湿成分を持つクリームです。
保湿クリームには顔に塗るタイプのもの、手に塗るタイプのもの、体に塗るタイプのものなど、
さまざまなバリエーションがあります。

 

 

 

配合成分もそれぞれ異なるので、乾燥肌の人はどの保湿クリームが自分の肌に合っているかどうか
色々と試してみるといいでしょう。

 

 

 

乾燥肌の人は肌のバリア機能が失われており、外からの刺激に敏感な状態になっているので、
基本的には添加物を使っていない低刺激の保湿クリームがおすすめです。

 

保湿クリームのポイント

 

保湿クリームはただ肌に塗ればいいというものではなく、
その効果を最大限発揮させるためには使いどころを考える必要があります。
保湿クリームを塗ると肌に潤いが与えられ、痒みや痛みも大幅に和らぎます。

 

 

 

少し痒みや痛みがあるからといってすぐに保湿クリームに頼っていると、
肌が本来持っているバリア機能が衰えてしまう可能性もあります。

 

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

まず、保湿クリームを使うタイミングとして最適なものが入浴後です。
入浴後は肌が柔らかくなっているので、保湿クリームも深いところまで入りやすくなっており、
よく馴染みます。

 

 

 

入浴後に保湿クリームを使うことで、保湿クリームの保湿効果がより長く続くようになります。
また、就寝前に保湿クリームを使うことで痒みと痛みが抑え、眠りの質を上げることができます。
それにより、睡眠中の肌の再生を促進させることが可能です。

 

 

 

重度の乾燥肌の人には、痒みや痛みが酷くて眠れないので、
保湿クリームを塗った部位にパックなどをして眠っているという人もいます。

 

 

 

>>>自然が生んだ万能皮膚薬、ワセリンによる乾燥肌対策