乾燥肌 クリーム

乾燥肌のメカニズム

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

乾燥肌

 

細胞間脂質は肌の細胞の隙間を満たす脂質のことであり、
セラミドやコレステロールなどから構成されています。

 

 

 

細胞間脂質は水分と交互に重なり合うラメラ構造をしており、
水分の保持、刺激物質の侵入防止などの役割を持っています。

 

 

 

NMF(Natural Moisturizing Factor)は皮膚が持っている水溶性保湿成分の総称です。
主にアミノ酸とPCAという成分によって構成されており、瑞々しい肌を保つ働きがあります。
また、NMFは天然保湿因子とも呼ばれます。

 

 

 

正常な肌は細胞間脂質やNMFが十分にあり、
ツヤとハリのあるきめ細かい質感をしているのが特徴です。

 

 

 

しかし、細胞間脂質やNMFが不足すると肌のバリア機能も低下し、
肌が乾燥したり、刺激物質が入りやすくなって病気や怪我を起こしやすくなったり、
さまざまな悪影響が現れます。こうした状態のことを乾燥肌といいます。

 

乾燥肌になると

 

乾燥肌になると肌のターンオーバーが乱れてしまい、
細胞の再生がスムーズに行われなくなります。

 

 

 

バリア機能は低下したままなので痒みや痛みも強く、
肌を引っ掻いて傷つけてしまうということも起こりがちです。

 

乾燥肌,クリーム,スキンケア,保湿,効果,使い方

 

乾燥肌が酷い時は保湿成分を配合したクリームなどを使い、
一時的に痒みや痛みを抑える必要があります。
乾燥肌が引き起こされる原因はさまざまです。

 

 

 

生まれつき乾燥肌になりやすいという体質の人もいれば、食生活の乱れ、睡眠不足、
ストレス、加齢などによっても乾燥肌になる場合があります。
また、化粧品が肌に合わない場合も乾燥肌になることがあるので注意が必要です。

 

 

 

>>>乾燥肌の原因。毎日の生活において注意すべきこと